うなぎは栄養豊富な究極の美容食!

うなぎは栄養豊富な究極の美容食!

土用の丑の日には夏バテ防止にウナギを食べますね。ウナギはとっても栄養豊富な食材だからです。夏のスタミナ源としてウナギを食べる習慣は、非常に理にかなっているのです。

 

ウナギには、良質のタンパク質や脂質はもちろん、ビタミンA・B1・B2・D・E、さらにミネラル(鉄、亜鉛、カルシウム)やDHA・EPAなど、身体に大切な栄養素が、豊富に含まれています。

 

これらの栄養素によって、夏バテ防止・疲労回復効果、高血圧の予防、美肌・美容効果など、様々な嬉しい効果が期待できるのです。

 

ウナギの「ぬるぬる成分」は、ムコ多糖質といわれるもので、胃腸の粘膜の保護や消化吸収を助ける働きがあります。また、ウナギの皮の内側にあるコラーゲンも皮膚の栄養に役立ちます。

 

このように、ウナギは理想的な健康食材なのです。しかも低カロリー。ですから、ウナギは「究極の美容食」でもあるのです。

 

ビタミン

ビタミンA

うなぎに含まれる豊富なビタミン郡の中でも、ビタミンA含有量は突出しているとされています。ビタミンAには、免疫力を高め、細菌やウイルスに対する抵抗力をつけたり、皮膚や髪の潤いを保ち美肌・美髪効果もあります。

 

また、目の角質にも作用するので視力低下の予防にも効果があるといわれます。成人が1日に必要なビタミンA摂取量を、ウナギ1匹で充分に摂ることができます。

 

成人男子が1日に必要なビタミンAの量が2,000(IU)。ウナギの蒲焼には、ビタミンAが5,000(IU)含まれているといわれます。これは、ウナギの蒲焼約40gとされています。

 

ビタミンB群

ビタミンB1には、疲労回復効果があります。ビタミンB2は、タンパク質・脂質・炭水化物の代謝をスムーズにし、体調を整える作用があり、成長に欠かせない栄養素です。

 

皮膚、髪、爪などを健康に保ち、美肌や美容にも効果があるとされています。また、口内炎の予防にも効果があるといわれています。

 

ビタミンD

ビタミンDは、カルシウムとリンの吸収を助ける作用があります。健康な骨や歯を維持するのに大切な栄養素の1つです。

 

ビタミンDは、カルシウムと一緒に摂取することによって骨粗しょう症や骨軟化症の予防に効果的だとされます。ウナギは、カルシウムも豊富ですから、健康な骨の維持には一石二鳥なのです。

 

ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用があり、細胞の老化を防止する働きがあるされています。お肌の潤いを保つ美肌・美容効果、生活習慣病の予防効果などがあります。

 

ミネラル

カルシウム

カルシウムは、歯や骨を丈夫にします。 成人が1日に摂取する必要量の4分の1を、ウナギ1匹で摂ることができます。

 

鉄分

鉄分は、貧血の改善、疲労回復、活性酸素の除去などの働きがあります。鉄分の吸収率を高めるには、良質のタンパク質やビタミンCを合わせて摂ることが効果的とされていますが、残念ながら、ウナギにはビタミンCが含まれていません。

 

なので、ビタミンCを多く含む野菜などをいっしょに摂ると良いといわれています。

 

亜鉛

亜鉛は、新陳代謝や免疫力の向上、活性酸素の除去、味覚細胞の形成などの働きがあります。ビタミンCをあわせて摂ることで、コラーゲンを生成したり、シミ・そばかすを消し去るなど、美肌効果が期待できます。

 

亜鉛が不足すると、味覚障害を引き起こしてしまう場合があるといわれます。舌の表面で味を感じる器官を「味蕾(みらい)」といいますが、味蕾細胞は新陳代謝が活発なため、亜鉛が不足すると細胞の生まれ変わりに支障をきたし、味覚の低下が起こるのです。

 

特に最近、若い女性の間での無理なダイエットによる亜鉛不足が指摘されています。亜鉛は、しっかり摂りたい栄養素ですね。

 

DHA・EPA

DHA(ドコサヘキサエン酸)

DHAは、脳の働きをよくする栄養素として有名です。記憶力や視力の回復効果以外にも、がん、心臓病、高血圧、糖尿病、脳卒中、動脈硬化の予防と改善にも効果があるといわれています。

 

また、DHAには、悪玉コレステロールを減らす作用もあるといわれています。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)

EPAは、脳梗塞や心筋梗塞など、血管の病気の予防に効力があるとされています。また、コレステロールや中性脂肪を減らす働きもあり、 血液の流れを良くして病気の予防にもなります。

 

ビタミンCを多く含む野菜などをいっしょに摂ると効果大

上の鉄分のところでも触れましたが、ウナギには、残念ながらビタミンCが含まれていません。ですから、ビタミンCを多く含む野菜などをいっしょに摂ることが大切です。

 

そうすることで、鉄分の吸収率が向上し、亜鉛とビタミンCが協力してコラーゲンを生成したり、健康・美容に効果がさらにアップします。

 

「うな重」を食べるときには、野菜もいっしょにしっかり食べましょう!

 
おもな参考文献
  • 澤 賀津子/石田 磬 著「からだによく効くビタミンのすべて」
  • 三好 義光 著「成人病を予防するビタミン・ミネラル」
 

うなぎ豆知識