冷凍うなぎ蒲焼の美味しい食べ方

家庭で焼き立ての味に再現させる裏技

スーパーなどで購入した「うなぎ蒲焼」を食べるとき、どうしていますか?

 

おそらく多くの方が、電子レンジで “チン” でしょう。でも、それって、もったいない。せっかくの美味しいうなぎが台無しです!

 

うなぎ専門店で食べる焼き立ての、ふっくらとした香ばしい味を90%再現できる方法をご紹介しましょう。

 

家庭でも「特上うな重」が簡単に作れる!

真空冷凍パックうなぎを湯煎

解凍を兼ねて湯煎

「真空冷凍パックうなぎ蒲焼」は、解凍を兼ねて湯煎します。人肌ぐらいに温めます。カットされてなくて鍋に入らない場合には、自然解凍でも大丈夫です。

 

 

うなぎ蒲焼をカット

半分にカット

うなぎを半分にカットします。魚焼き網で焼くので網にのるくらいの大きさにカットします。あらかじめカットされている場合は、そのままで。

 

 

うなぎ蒲焼を魚焼網で皮から焼く

十分熱した網にのせる

十分に熱した魚焼き網にのせて焼きます。このとき皮の方から焼くのがポイント。あらかじめよく熱した網で炙ると焦げ付きにくくなります。

 

 

うなぎ蒲焼を魚焼網で中火から強火でしっかりと焼く

中火〜強火で焼く

魚焼き網で中火〜強火で焼きます。身の表面が泡立つのを待ちます(これが鰻の身の脂です)。皮がパリッとしてきたらひっくり返します。身くずれに注意しましょう。

 

 

ごはんにタレを絡ませておく

ごはんに満遍なくタレを絡ませておく

ごはんにあらかじめタレを満遍なく絡ませておくと、よりいっそう本格的な「うな重」に仕上がります。

 

 

 

うなぎにタレをかけて完成

蒲焼の上にタレをかけて完成

うなぎ蒲焼をご飯にのせ、タレをかければ完成です。

 

直火で炙ることが一番のポイント

ふっくらと香ばしい焼き立てのうなぎ蒲焼に仕上げるには、直火で炙ることが一番のポイントです。

 

「うなぎ職人がせっかくちょうどいい具合に焼いているのだから、電子レンジで温める方が美味しいのでは?」と思うかもしれませんが、電子レンジは加熱しすぎると、うなぎの味を変えてしまいます。加熱時間に注意が必要です。

 

また、真空パックのうなぎの場合、湯煎で十分と思われがちですが、湯煎だけでは「パリッとした食感」と「蒲焼の香ばしさ」まで再現できません。

 

「直火で炙る」という、ひと手間加えるだけで、うなぎ専門店の焼き立てのうなぎ蒲焼の味を家庭で楽しむことができるのです!

 

ここでご紹介した「うなぎ蒲焼をふっくらと香ばしく再現させる方法」をはじめ、うなぎの美味しい食べ方が、川口水産のレシピで紹介されています。

 

最高級「一色産アオテうなぎ」を美味しくいただく【マル秘】調理法

「一色産アオテうなぎ」をお取り寄せし、炙り焼きに挑戦。最高のウナギ蒲焼を楽しめました。

うなぎ豆知識