土用の意味と由来

土用とは?

「土用」は「雑節」の1つ

「土用」というのは、「雑節(ざっせつ)」にもとづいた歴です。「雑節」とは、中国の戦国時代に考案された「二十四節気」を補う季節の移り変わりを表す節のことです。

 

日本では江戸時代の歴から「二十四節気」が採用されましたが、もともと中国の気候にもとづいて名付けられたものなので、日本の気候と合わない名称や時期がありました。そこで、それを補うため、「二十四節気」の他に、土用、節分、八十八夜、入梅、半夏生、二百十日など、「雑節」と呼ばれる区分けを取り入れたのです。

 

そもそも「土用」って何?

「土用」は、春夏秋冬の各季節の終わりにあります。現在では「夏の土用」ぐらいしか使われませんが、もともと「土用」は年4回あるのです。

 

では、なぜ各季節の終わりの時期を「土用」と呼ぶのでしょうか?

 

「五行説」に由来

古代中国には「五行説(ごぎょうせつ)」というのがあって、自然界は、木(もく)・火(か)・土(ど)・金(ごん)・水(すい)の5つの元素で成り立っていると考えられました。「行」には巡る・循環するといった意味があります。

 

「自然界すべて」ですから、季節も5つの要素で成り立っていると考えられました。それで「五行説」を季節に当てはめて、

春=「木気」 夏=「火気」 秋=「金気」 冬=「水気」

 

と割り当てました。ところが、これでは「五行説」の重要な構成要素の「土気」がどこにも分類されないことになります。そこで、「土の性質はすべての季節に均等に存在する」として、季節の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の前18日間(または19日間)を「土気」に分類し、「土用」と呼ぶようになったとされています。

 

もともと「土旺用事」と言われていたものが省略されて、「土用」と呼ばれるようになったとされています。「土気」が旺(さかん)になり、用は「はたらき」ということで、「土用」は「土気」の最も働く期間ということです。

 

「土気」には、物を変化させる作用があるとされています。異なる季節の間に「土用」を置くことで、「土気」が、古い季節を消滅させ、新しい季節を生みだすと考えたわけです。季節は、今日までが「夏」で、明日からは「秋」というものではありません。ゆるやかに移り変わっていくものです。

 

ですから「土用」とは、季節が終わり次の新しい季節の始まりを準備する時期のことです。古い季節の消滅と新しい季節の生成が混在した、季節の移り変わりの過程の時期が「土用」なのです。

 

 

【おもな参考文献】 飯倉晴武著「日本人のしきたり」

 

うなぎ豆知識