二十四節気

二十四節気とは?

「二十四節気」というのは、中国の戦国時代に考案されたものです。

 

古代中国では月の満ち欠けにもとづく太陰暦が使われていました。しかし太陰暦では歴と季節の間でズレが出てしまうのですね。

 

そこで、太陰暦による季節のズレを正して春夏秋冬の季節を正しく示すために、1年を12の「節気」と12の「中気」に分類し、それらに季節を表す名前が付けられたのです。それが「二十四節気」です。

 

1年を24等分して約15日ごとに分けた季節と考えればよいでしょう。1ヵ月の前半が「節」、後半が「中」です。

 

二十四節気の例

【春の例】

名称

新暦の目安

意味

立春

正月節

2月4日

春の始まる日。節分の翌日。

雨水

正月中

2月18日〜19日

雪氷が融けて雨が降り出すころ

啓蟄

二月節

3月5日〜6日

春になって土の中にいた虫が地上に這い出してくるころ

春分

二月中

3月20日〜21日

春の彼岸の中日で、昼夜の長さがほぼ等しくなる日

 

【夏の例】

名称

新暦の目安

意味

立夏

四月節

5月5日〜6日

夏の始まりの日

小満

四月中

5月21日

万物が充実し、草木枝葉が繁る季節

小暑

六月節

7月7日〜8日

この日から暑さが厳しくなります

大暑

六月中

7月22日〜23日

暑さが最高に達する日

 

【秋の例】

名称

新暦の目安

意味

立秋

七月節

8月23日〜24日

秋の始まりの日

処暑

七月中

8月23日〜24日

暑さが終わり涼風が吹くころ

 

【冬の例】

名称

新暦の目安

意味

立冬

十月節

11月7日〜8日

冬の始まりの日

小雪

十月中

11月22日〜23日

初雪が降り始める季節季節

 

日本では江戸時代に二十四節気を採用

日本では江戸時代の歴から「二十四節気」が採用されていますが、もともと中国の気候にもとづいて名付けられたものなので、日本の気候と合わない名称や時期があります。

 

そこで、それを補うため、「二十四節気」の他に、土用、八十八夜、入梅、半夏生、二百十日など、「雑節」と呼ばれる区分けを取り入れたのが旧暦なのです。

 

「土用」とは

土用」とは、「二十四節気」の中の立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間(または19日間)のことを指します。

 

現在では「夏の土用」(立秋の前の18日間(または19日間))が一般的ですが、本来「土用」は、「春土用」、「夏土用」、「秋土用」、「冬土用」と年4回あるのです。

 

 

【おもな参考文献】 飯倉晴武著「日本人のしきたり」

 

うなぎ豆知識